読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年イシウエのブログ~とりあえず今日を生き抜きたいからっ!~

”凡人”10年イシウエがそれでも生き抜くために日々摂取している『心の栄養素』あれこれを書き綴っていきます。

イギリス在住の保育士兼パンクなライター、ブレイデイみかこの新書~” THIS IS JAPAN 英国保育士が見た日本”~

イギリスの映画監督、マイケル・ウィンターボトムの作品に”ひかりのまち”という映画がある。この映画ではかの国の典型的なワーキングクラスの人たちが数多く登場するのだが、ある何気ないシーンがとても気になった。 ひかりのまち [DVD] 出版社/メーカー: 角…

”ミスターメランコリー”バーナード・サムナー自伝『ニュー・オーダーとジョイ・ディヴィジョン、そしてぼく』

私が洋楽ロックに本格的に目覚めた中学2年のころ、情報を得るために熱心に観ていたテレビ番組は、現在も現役DJとして活躍してる小林克也氏が司会していた”ベストヒットUSA”だった。 我が地元では、たしか不定期の、また深夜の放送だったこともあり、茶の間に…

”張り込み日記”~50年以上に渡って忘れ去られていた実際の殺人事件を追った実録写真集が面白い!~

今週のお題「読書の夏」 先日、久しぶりに街中にある小さなセレクト・ブックストアに行った際のこと。 ここは品揃えがすこぶるセンスが良く、以前から気になってた本も多数並べてあるので、行く度にワクワクする場所。ですが懐の具合もあり、お店の方には悪…

【友だちのいない地元で暮らす】という問題について考えた

ここ数年、ずっと心に思ってることがある。内心ずっとモヤモヤした気持ちを抱えて暮らしてる。 いや正確に言うと、物心ついた思春期の頃から、そして故郷に帰ってきた26歳からは、ますますそのモヤモヤ感が増してきているなぁ、と。 私には『友達がいない』…

米オルタナロック界の”ゴッド姐さん”、キム・ゴードンの自叙伝”GIRL IN A BAND”を読んだ

私が10代だった20年以上前は言うまでなくインターネットなど存在してなかったので、海外の音楽情報は雑誌を頼る他なかった。(たまに深夜の音楽系のテレビ番組もあったけど、私の地元では放送が不定期だったな) その当時、私はロッキンオン信者だったのだが…

なぜあなたは『絶歌』を読みたいのか?

元フジテレビアナウンサー、長谷川豊氏が書いた、元少年A著『絶歌』についてのブログを読みました。 【「絶歌」読了】 元少年Aの手記を、私は評価したい : 長谷川豊 公式ブログ 『本気論 本音論』blog.livedoor.jp この方、局アナ時代から女子アナに向かっ…

お勧め!映画好きのための”映画の本”10選!Vol.1

映画が好きな人ならきっと楽しめるであろう”映画の本”を10冊ピックアップしてみましたよ。 ***** 1. マイ・ファースト・ムービー―私はデビュー作をこうして撮った 作者: スティーヴンローウェンスタイン,Stephen Lowenstein,宮本高晴 出版社/メーカ…

平凡な大学教師の一生を描いた感動的な小説~ジョン・ウィリアムズ著『ストーナー』~

アマゾンって”おすすめ商品”が出てきますよね。私の場合おすすめされるのが、ほとんどグラドルのDVDだったりするんですが(どんだけチェックしてるんだか)。 あるとき、見知らぬ外国文学本が表示されていたのです。それが今回紹介するジョン・ウィリアムズ…

『絵を描きたい!でも画力がない!』とお嘆きなあなたにお勧めの9+1冊

私、実は10代の頃から絵を描きたい、とずっと思っていたのです。ですが結局、本腰入れて描きはじめたのは40を過ぎた、ここ2.3年くらい前から。なんでここまで始めるのがずれたのか、というと、 自分に画力がないことが分かってしまったから。 デッサン力、と…

”オリーブおばさん”な嫁の無謀すぎる挑戦!?

今日は身内のちょっとお恥ずかしいお話を。 私の嫁は”オリーブおばさん”です。オリーブおばさんとは『物心ついた頃、雑誌”オリーブ”に多大な影響を受け、かついい歳になった今でも引きずってる女性』のことね。 オリーブの罠 (講談社現代新書) 作者: 酒井順…

『オモロくなりたい』は呪いの言葉

嫁が、まんしゅうきつこ氏の書下ろし漫画”アル中ワンダーランド”を買ってきました。 アル中ワンダーランド 作者: まんしゅうきつこ 出版社/メーカー: 扶桑社 発売日: 2015/04/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (8件) を見る 今ではちょっとした有名…

ぶれてもいいかな~!…『いいとも!!』

”じぶんの学びの見つけ方”という、なかなか素敵なタイトルの本を読み始めたとこです。 じぶんの学びの見つけ方 作者: 山崎直子,石戸奈々子,柴田元幸,村上恭和,中島子嶺麻,ルーカス・B.B.,石橋純,島田潤一郎,成瀬正憲,片桐仁,日比野拓,林ナツミ,松本紹圭,山上…

”左寄り”ですが何か問題でも?~『ザ・レフト UK左翼セレブ列伝』を読んで~

先日「ねぇ?”左翼”って何?」と嫁に聞かれましてね。「君はそんなことも知らないのかい?もっと社会について勉強するべきだよ…」などとしたり顔で講釈たれつつも、内心自分の中では当たり前のように分かりきってたつもりで使ってた単語だったんですが、いざ…

生き延びるための文学とは?~都甲幸治著”生き延びるための世界文学: 21世紀の24冊”について~

先日はてなブックマークの人気エントリーになってた記事が面白かった。 <a href="http://wired.jp/2015/03/15/session-literature/" data-mce-href="http://wired.jp/2015/03/15/session-literature/">ジュノ・ディアス×円城塔×都甲幸治が語った「未来…

哀しき遊女を描いた傑作漫画”蝶のみちゆき”

漫画をあまり読まない私なので、あんまり偉そうなことは言えませんが読み終わって久々にブルっと感動した作品に出会ったので是非紹介したいのです。 蝶のみちゆき (SPコミックス) 作者: 高浜寛 出版社/メーカー: リイド社 発売日: 2015/01/30 メディア: コミ…

倍音を意識するとよりよいコミュニケーションを得られる!?~”あの人の声は、なぜ伝わるのか”を読んで~

昨年のニュースで”ジャパネットたかたの名物社長が引退する”という話がありましたよね。で、その際の会見で『あの社長って普段は普通の話し声なんだ』って話題になってたのは記憶に新しいところ。 <a href="http://grapee.jp/27803" data-mce-href="h…

絵本”いのちをいただく”を読んで

先日、娘と本屋に行きました。絵本売場に置いてるおもちゃで遊んでいる娘の隣で陳列されてる本をなにげなく眺めていたら、こんな本を見つけまして。 絵本 いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日 (講談社の創作絵本) 作者: 内田美智子,魚戸おさむとゆか…

大傑作ミステリー小説”チャイルド44”が歓喜の映画化!早く観たい!

嬉しいニュースが飛び込んできました! トム・ハーディ主演『チャイルド44』予告編が到着!50年代ソ連、殺人の存在を認めない国で発生した連続殺人を追う男に次々と危機が迫る。リドリー・スコット製作の下でダニエル・エスピノーサ監督がベストセラー小説を…

疲れた職場で生き残るには

本屋さんでこのタイトルが目に入ったもんで、ついつい買ってしまいました。↓ 40歳からの“名刺をすてられる”生き方-疲れた職場で生き残る8つの法則- (講談社+α新書) 作者: 田中靖浩 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/07/20 メディア: 新書 この商品を含…

安らかすぎる安楽死の瞬間に衝撃を受けた、というお話

こんなツイートがTLに流れてきました。 スイスは非営利に限って、自殺幇助が合法な国。そこで死を選んだフランスの74才の女性作家。とても普通で、でもとても感動的な映像。/【衝撃映像】「安楽死」を選んだ女性が、安らかに眠る瞬間 http://t.co/FcGMRQ6…

漫画”あれよ星屑”は時代を超える傑作になる予感!

”ネット界の女切り込み隊長”としてつとに有名(?)な、めいろま (@May_Roma)氏が先日こんなツイートしてまして↓ 山田先生のファンさ。ふっw RT @zyunenishiue: めいろまさんが漫画”あれよ星屑”関連のRTしてるけど好きなのかな?終戦直後、焼け野原の東京に…

元”オリーブ少女”のその後~サンプルはうちの嫁~

久しぶりに穂村弘氏のエッセイ集を読んだら、やっぱ面白かった。 本当はちがうんだ日記 (集英社文庫) 作者: 穂村弘 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2008/09 メディア: 文庫 購入: 7人 クリック: 49回 この商品を含むブログ (107件) を見る 世間に流布する”…

SNSなんか捨てちまえ!ぼっちの福音書”ひとりぼっちを笑うな”

こうゆうニュース知ると、つくづく”私が10代の頃、SNSがなくてよかった”と思います。 <a href="http://news.goo.ne.jp/topstories/nation/70/6fa756ae00b9a145a8cefd16e675dbe6.html" data-mce-href="http://news.goo.ne.jp/topstories/natio…

”愚痴文学”の最高峰、林芙美子著”放浪記”のこと

<a href="http://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/%E4%BB%B2%E9%96%93%E7%94%B1%E7%B4%80%E6%81%B5%E3%80%8C%E6%94%BE%E6%B5%AA%E8%A8%98%E3%80%8D-%E6%A3%AE%E5%85%89%E5%AD%90%E3%81%95%E3%82%93%E7%B6%99%E3%81%90/ar-BB8oK0y" data…

ぱっとしないヴォーカリストは自分の声の”倍音”を気にしたらいいんじゃない?~中村明一著『倍音』を読んで~

昨日久しぶりにフィッシュマンズのライブ盤聴いてたんです。 ’98.12.28男達の別れ アーティスト: フィッシュマンズ,佐藤伸治 出版社/メーカー: ポリドール 発売日: 1999/09/29 メディア: CD 購入: 2人 クリック: 22回 この商品を含むブログ (102件) を見る …

”マイ・ファースト・ムービー”という本の話~”クリエイトする”ことの恍惚と不安

映画が好き、という人を見つけると決まって私が”読んでみて”って勧める本があるんです。 マイ・ファースト・ムービー―私はデビュー作をこうして撮った 作者: スティーヴンローウェンスタイン,Stephen Lowenstein,宮本高晴 出版社/メーカー: フィルムアート社…

遅ればせながら指原莉乃の”逆転力~ピンチを待て~”を読みましたよ、というお話

指原莉乃という女の子のことがはじめて気になったのは、AKB48のドキュメンタリー”DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る”をたまたまDVDで持ってた知り合いから借りて観たとき、だったのです。 DOCUMENTARY of AKB48 Show m…

蛭子 能収とダニエル・ジョンストンは無邪気と狂気の天才、というお話

アメリカにダニエル・ジョンストンというシンガーソングライターがおりまして。 悪魔とダニエル・ジョンストン [DVD] 出版社/メーカー: キングレコード 発売日: 2007/04/11 メディア: DVD 購入: 2人 クリック: 62回 この商品を含むブログ (64件) を見る 躁鬱…