読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年イシウエのブログ~とりあえず今日を生き抜きたいからっ!~

”凡人”10年イシウエがそれでも生き抜くために日々摂取している『心の栄養素』あれこれを書き綴っていきます。

”セカオワ 電気グルーブ”での検索流入がちょっとだけあるんでもう一度記事書いてみたよ、というお話

”電気グルーブ セカオワ”でネット検索すると先日のエントリ”おバカのふりした文系インテリヤ〇ザ(笑)、電気グルーブの25年 - 10年イシウエのブログ~とりあえず今日を生き抜きたいからっ!~”が8番目くらいにヒットすることを今さっき知った10年イシウエです。

f:id:e10nen-ishiue:20141109161750j:plain

 

しかし聞くところによると、しまいにはサカナクションのパクリ、とも言われてるんですか!?電グルが?

セカオワのパクリ「電気グルーヴ」にサカナクションパクリ疑惑も浮上:Birth of Blues

 

多分これに関してはサカナクションのメンバーがビックリするんじゃないかな。彼らは電気グルーブのことちゃんと知ってそうだし。

でもセカオワの連中はもしかして知らないかも、とふんでます。

 

だって電気グルーブの一番ヒットした曲”シャングリラ”が17年前だもんな、そりゃ若いミュージシャンでも知らないかも、だよな。

 



まぁここで『電グル知らないなんて…パクリだなんだといちゃもんつけるセカオワファン(?)の若い人はもう少しいろいろ聴いたうえで批判した方がいいよ』とか言うつもりは毛頭ございません(ほんとは言いたいけど)。

だって今年42歳の私もセカオワのこと、あんまよく知りませんから。

 

ただ実はまだ彼らセカオワ(ってバンド名略して書いてるけどオッサンが”セカオワ”って言うの内心恥ずかしい、と思ってるのは内緒ね)が今ほど注目を浴びる前にとある雑誌に掲載されてたことは今でも結構強烈に憶えているんです。

 

今から多分4.5年前の”サウンド&レコーディング”で『自分たちでライブハウスを作って活動しているバンドがいる』という記事があったんです。

それが当時”世界の終り”表記だった彼らでライブハウスは”club EARTH”のことだったんですけど。

正直そんな連中が日本にいるなんてビックリしましたよ、そのとき。だって自分たちでライブハウス作っちゃう、なんてちょっと考えられないですもん。そりゃもう破天荒で気合の入ったハードコアパンクバンドに違いない、と勝手に想像してました。


若者に大人気!SEKAI NO OWARI(セカオワ)のビックリエピソードが破天荒すぎて大好きだw - NAVER まとめ

 なんでも『2.3回ライブハウスに出演したけど、スタッフが恐くて(←これすごいよく分かる!)出なくなって、”じゃあ自分たちで作ろう”』ということになったそう。普通そんな考えになるか!?

 

また肝心の音楽の方は所謂J-POP…なんだけどリズムが打ち込みでベースとドラムがいなくてなぜかDJがいる、というこれまた破天荒な編成。ちょっと今までの常識からはみ出した人たちが出てきたなぁ、と思いましたね。

…ただそうやって『すごいなぁ』とは思ったものの、それから私自身は彼らの事は忘れてました(ゴメン)。それが気がついたらもう破格の快進撃じゃないですか!

いやぁスゲェよ、セカオワ。

個人的にはやっぱり音楽の方はどうもピンとこないんだけど(これまたゴメン)、純粋な気持ちで突っ走ってる人たちが正当な評価を得てるってことは素直に嬉しいし、なんか暗いニュースばっかの日本の中で実に希望のある話だな、と思います。

…ただ

電グルはセカオワ、パクってないから!!!

それだけは90年代サブカルチャーにどっぷり浸かってた世代代表として強く言っておきたい次第なのです。

 

サブカルチャー神話解体―少女・音楽・マンガ・性の30年とコミュニケーションの現在

サブカルチャー神話解体―少女・音楽・マンガ・性の30年とコミュニケーションの現在

 
THE GROOVY 90'S~90年代日本のロック/ポップ名盤ガイド

THE GROOVY 90'S~90年代日本のロック/ポップ名盤ガイド