10年イシウエのブログ~とりあえず今日を生き抜きたいからっ!~

”凡人”10年イシウエがそれでも生き抜くために日々摂取している『心の栄養素』あれこれを書き綴っていきます。

”営業負け組”の叫び

f:id:e10nen-ishiue:20141116162746j:plain

 

私は現在とある小さなプ○パンガス販売店に勤めてて、定期的にガス機器の実演販売会を催すんです。いつもは他の販売店と合同で場所を借りて開催することが多いのですが、今回は会社の敷地ですることになり昨日土曜がその本番でした。

 
さて当日。業者の方々が敷地に並べる商品を続々運び込むなか私の心中は全く穏やかではありませんでした。というのも私の担当区域が会社の近所、ということもありお客さんを一人でも多く呼び込んで最終的には買ってもらう、という会社からのプレッシャーが特に他の社員より強かったんですが、結局誘いはしたものの来る、と確約がとれた客が一人くらいしかいなかったんですよね。
 
もちろんそんなことは会社には言えず…もしかしてあの人来てくれるかな、などという淡い期待も虚しく、そしてしまいには確約してた客すら来ず、後半は我々関係者だけがいる閑散とした展示会場でひたすら『一刻も早くこの針のむしろのような時間終われ』と念じてた私でした。トホホ。
 
売れる営業、売れない営業―何が明暗を分けるのか

売れる営業、売れない営業―何が明暗を分けるのか

 

 

さらに嫌だったのは昨日は会社の取引先の人でバリバリの営業マンも常駐しておりまして(この眼光鋭い、豹みたいなオッさんから今まで何度叱責されたことか数知れず、なんですが)

お客のいない会場で雑談してたとき「俺、今まで部下4.5人辞めさせてる。お前この仕事向いてないっつて」と得々と語ってるのを横で聞きながら 『あんたの部下だったら私も確実に辞めてるわ…』 と内心戦慄を覚えつつ薄ら笑いで誤魔化してましたわ。はぁ…なんか疲れた。
 

もし顔を見るのも嫌な人間が上司になったら―ビジネスマン危機管理術 (文春新書)

もし顔を見るのも嫌な人間が上司になったら―ビジネスマン危機管理術 (文春新書)

 

 

ぶっちゃけこれから先、この会社に留まったとしても大して目立った営業成績も上げれないまま肩身の狭い気持ちでいるだろうな、と本気で思う。だけどかといって辞めて一から別の会社で年下の社員にこき使われるのも嫌だし、はたまた起業する力量も才覚も自分にあるとは到底思えないし…八方ふさがりな気持ちがずっと何年も続いてます。
 
私、情けないですか?情けないですよね。

 
じゃあそんな状況の打開策はなんか講じてるの?と問われて、やってることといえばこんな想いをブログに吐露するくらいしかできてないんだから。

 

…ところで、ブログをはじめて私も少しは多くの人に読まれたい、であわよくばグーグルアドセンスやアマゾンアフィリなどで幾ばくかの収入を…などと考え、”人気ブログを育てるには?”みたいなエントリーを読んだりすんですけど、”やれPV数が1万超えた”だの”広告収入が月数十万超えた”だの、そんな話題が自慢に聞こえてきてね…

もうウンザリだ…

なんて気持ちになるときもあるんですよ、って今まさにそんな気分なんですけどね。

 

ツイッターもフェイスブックもそう、どっか旅行に行って楽しかった…みんなでバーベキューしたよ、って知るか!どいつもこいつも自慢ばっかしやがって!バーカ!つうか

なんで私を誘ってくれないの?←(結局これが本音)

 


その○○がイヤ?Facebookで思わず友達から外したくなる理由5つ - エキサイトニュース(1/2)

 

まぁえらく取り留めのない”だからどうした?”つうような話になりましたが。たまにはこんな愚痴でも吐き出してないとやってられないのよ…許して。

しかし人生を楽しく生きるのにも才能が必要なようでどうも私にはそれがやっぱり足りないんだろうな、などと鬱々と考えるアラフォー男の日曜の夕方、なのでした。

 

小さな起業で楽しく生きる

小さな起業で楽しく生きる

  • 作者: ワーカーズコレクティブネットワークジャパン
  • 出版社/メーカー: ほんの木
  • 発売日: 2014/02/16
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

楽しく!

楽しく! "生きるチカラ" もっと自由に…自分で切り拓く未来―誰でも使える潜在的エネルギー活用法

 

 

新哲学入門―楽しく生きるための考え方 (ものの見方考え方シリーズ 1)

新哲学入門―楽しく生きるための考え方 (ものの見方考え方シリーズ 1)

 

 

 ↑こんな本読んでも気が晴れるのは一瞬、なんだよな。