読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年イシウエのブログ~とりあえず今日を生き抜きたいからっ!~

”凡人”10年イシウエがそれでも生き抜くために日々摂取している『心の栄養素』あれこれを書き綴っていきます。

マイルドヤンキーだらけの職場にいます…正直シンドイ

ここから本文です↓

”マイルドヤンキー”とは主に

 

  • EXILEが好き
  • 地元(家から半径5km)から出たくない
  • 「絆」「家族」「仲間」という言葉が好き
  • 車(特にミニバン)が好き
  • ショッピングモールが好き
                     Wikipediaより

 

という特徴を持つ地方に住む若者の総称、らしいけど私の仕事場の方々、かなりこのマイルドヤンキー成分高めです。正直付き合うのがシンドイです…

 

ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体 (幻冬舎新書)

ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体 (幻冬舎新書)

 
いや、上京するの面倒くさいし地元の方が楽だよね: ジモらくのススメ

いや、上京するの面倒くさいし地元の方が楽だよね: ジモらくのススメ

 

 

例えば社長(48歳)。地元のお祭り大好き。EXILE、ではなくサザン・オール・スターズの大ファン。高校の後輩の方(消防士)と連日わちゃわちゃつるんで遊んでいる。車にはあまり興味ないみたい。ショッピングモールが好き…かどうかはわかりませんけど。

 

勤続30年以上、この会社のたった一人の上司(62歳)。地元のお祭り大好き。高校のときは野球部に所属、ピッチャーとして社会人になっても野球を続けていたものの肩を壊し引退。週に1,2度のスナック通いとパチンコが趣味。怒りの沸点がやたらと低い。

 

後輩(32歳)。地元の高校、大学を卒業後とある薬品関係の会社に勤めていたが2年で辞め、バーの店員をやっていたときうちの社長に出会う。地元のお祭り大好き、高校時代は野球部。中学からの友達とよくつるんで遊んでいる。人の懐に入るのが上手く、のせ上手。営業成績は常にトップ。

 

後輩(27歳)。鹿児島出身。地元のお祭りには積極的に参加。その熊のような風貌からイジラレキャラ。野球が好きで、会社で作っている野球チームに所属している。

 

…そして私(42歳)。運動音痴。地元のお祭り大嫌い。てか”地元が好き”というマイルドヤンキー的なメンタリティーが大嫌い。音楽、映画、アートを好む”高感度人間”(←と妙な優越感を抱いてるいけ好かない奴)。でもショッピングモールは大好き。

 

えっとここまで書いてきてバレやしないかとドキドキしてますが(笑)。

 

だいたい私以外は全員体育会系なんですね、まずその徹底した”縦社会”的なノリについていけない。会社の事務所に居るとき、なんだか野球部の部室に一人文化系が投げ込まれたような気分になってます。まぁ居心地の悪いこと甚だしい。

 

体育会系人間の取扱説明書

体育会系人間の取扱説明書

  • 作者: 本郷陽二
  • 出版社/メーカー: ベースボールマガジン社
  • 発売日: 2009/08
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 24回
  • この商品を含むブログを見る
 
なぜ、人は「体育会系」に弱いのか?―相手をコロリと手玉に取る無敵の心理戦術

なぜ、人は「体育会系」に弱いのか?―相手をコロリと手玉に取る無敵の心理戦術

 

 

 で、この手の方々は物理的にも精神的にも”声がでかい”、無駄に自己主張が強い、自分の利益になることに貪欲、で強引。

 

私、そうゆう人って一番苦手なタイプで…もちろん地元のお祭りも出ないし会社の野球チームにも所属してません。だもんで完全に会社では会話の輪に入っていけない蚊帳の外、浮きまくってる状況。

それに輪をかけて営業での成績もパッとせず、だし。あぁなんだか自分で書いてても”これじゃ会社じゃ存在感ないだろ、お前”と思えます。

 

絶妙な存在感の出し方~なぜか好かれる人がやっている~

絶妙な存在感の出し方~なぜか好かれる人がやっている~

 

 

…でもねもう自分の性格や考え方ってこの歳になるとそうそう簡単に変えれないんですよ、変わりたくても。それにぶっちゃけ自分が嫌な事をしてまで周囲の輪に溶け込もう、って気もなかったですから。

だからこの前堀江貴文氏が漫画ワンピースやEXILEに批判めいたこと言ってた、ってやつ、すごくよく分かるもん。


【炎上】 ホリエモン、「ワンピース」の次は「EXILE」を批判wwwwwwwww : ニュースちゃんねる

 

マイルドヤンキー的価値観の人たちって基本はすごくいい人、なんですよ。それは重々わかるんですか、その中には、仲間は大切にするけどそれ以外は知ったこっちゃねぇ、という冷たい身内贔屓感覚も内在しているなぁ、と常日頃感じてるんですよね。それって生き方としては余計な事を考えずに済むんで楽なんでしょうけど、なんか視野狭くないか?

そんでそのような内向きな考えがひいては”おらが村の空気に馴染んでない異端者を排除する”といった、不寛容の精神に繋がるんじゃないの?…って話が大きくなってきましたが。

 

まぁしかしこの手の人たちは結束力も固いですから、そのなあなあの狭い価値観の世界で満足してるなら外野がごちゃごちゃ言う必要もないですけど。

…と嫌味の一つでも吐かなきゃやってられない気分で生きてる10年イシウエなのでした。

 


日記・雑談 ブログランキングへ