10年イシウエのブログ~とりあえず今日を生き抜きたいからっ!~

”凡人”10年イシウエがそれでも生き抜くために日々摂取している『心の栄養素』あれこれを書き綴っていきます。

クリスマスまであと一か月!是非観て欲しい”埋もれた”名作クリスマス映画

 ここから本文です↓

 

まずは本題に入る前に…

 

ズーイ・デシャネルというアメリカの女優さんがいまして。この方、女優活動と並行して”シー&ヒム”という音楽ユニットやってるんです。

f:id:e10nen-ishiue:20141124185335j:plain

 (↑可愛いね)

このたびそのシー&ヒムが新譜を発表する、とのこと。

 

ところで女優さんが音楽をする場合、大体が曲は外部の誰かに頼んで本人はそれに乗っかって歌うだけ、というパターンが多いんですけど、このシー&ヒムは実力派シンガーソングライターであるM・ウォードとのコラボユニットでズーイ本人も曲を作るし、かなりがっつりクリエイターとして関わってるんですよね。

 


She & Him | Don't Look Back (Official Video ...

 

そもそもデビューアルバムはアメリカのインディーレーベルで音楽マニアならレーベル買いするほど信頼されている”Merge Records”から出てることからも、彼らシー&ヒムの音楽が高く評価されていることが伺えるわけで。

 

ヴォリューム・ワン

ヴォリューム・ワン

 
ヴォリューム・トゥ

ヴォリューム・トゥ

 
ヴォリューム 3

ヴォリューム 3

 

 

 

 

…さてそんな才色兼備なズーイちゃんですが、そもそも私が彼女の存在を初めて知った映画がありまして。それがこの映画”エルフ”↓

 

エルフ~サンタの国からやってきた~ [DVD]

エルフ~サンタの国からやってきた~ [DVD]

 
 
 

 

 そしてこの映画こそ『あんまり日本では知られてないけど、クリスマス時期に是非観て欲しい映画』なのですよ!!

 

北極でサンタと共に暮らす小さな妖精“エルフ”に育てられた人間が、本当の父親に会うためにニューヨークにやってくる物語を描いた作品。

 

なんですが、そのエルフはすでに成長し中年になっていて図体はデカいのに中身は子供、という捻った設定。そしてそのエルフ役をアメリカのコメディアンで最近だとレッチリのドラマーに激似だと話題になったウィル・フェレルが演じているんです。

 


どっちが本物? レッチリのドラマーとウィル・フェレルがドラム対決 | コタク・ジャパン

 

日本ではまだまだ知名度が低いウィル・フェレルですが、もうこの映画での演技は最高におバカでとにかく爆笑します!

なんせ2メートル近い大男であるオッサン、ウィルが駄々っ子みたいにはしゃぎ回る様だけでも笑えるし、次々に挿入されるしょーもないギャグがいちいち効いてる。

 

しかし笑わせるだけじゃなく最後にはクリスマス映画らしくきっちりホッコリ感動させられてしまうんですよね。我が家では毎年この映画を今の時期に観てますけど飽きないですよ。

 

監督は”アイアンマン”を大ヒットさせたジョン・ファブロー(元々俳優さんなのでこの映画には出演もしてます)。そしてズーイ・デシャネルはヒロインのちょっと都会ずれした女の子役で出てます。彼女もこの映画で人気がでて後に出世作”500日のサマー”に出演しました。

 

(500)日のサマー [DVD]

(500)日のサマー [DVD]

 

 

**************************************

 

さてもう一つ紹介したいクリスマス映画がありまして。

 

クリスマス・キャロル [DVD]

クリスマス・キャロル [DVD]

 

 

”クリスマス・キャロル”といえば定番中の定番で今まで数多く映画・アニメ化がされてますが、私的には名優アルバート・フィニーが主演してるこのヴァージョンが最高だと強く思います。

 

実は中学生くらいのときこの映画が地上波で放送されてて、それをヴィデオに録画してかなり長い間何度も見直してたんです。いやそれほど好きだったんですよ。

 

この映画ミュージカル仕立てになってるんですが、19世紀半ばの重苦しい冬のロンドンの街角をリアルに再現したセット、そしてそこで生きる貧しい人たちが生き生きと唄うシーンの迫力、さらにフィニー演じるケチな金貸しが次第に人間らしい心を取り戻す過程が実に丁寧に描かれてて、とにかく感動しますマジで!

 

Amazonのカスタマーレビューでもこの映画絶賛の嵐、ですね。さすが分かってらっしゃる!

 

…というわけでクリスマスに関連する映画は他にもいっぱいあるからそれぞれいろんな意見があると思いますが、もしこの二つの作品を知らないのなら是非観て欲しいですね。きっと後悔はしないと思いますので。

 

 

 ※シー&ヒムのクリスマスアルバム。ヴィンテージなポップスを現代風に解釈する、という彼らのコンセプトにピッタリな企画↓

 

Very She & Him Christmas

Very She & Him Christmas

 

 

※ジョン・ファブローの実質初主演作”スウィンガーズ”は私のフェイバリットムービーの一つ。自身の体験を元に、くすぶってる男たちがワチャワチャ騒いでる”面白くてやがて悲しき”青春インディーズ映画。あの頃ジョン・ファブローがここまで出世するとは想像つかなかった。

 

スウィンガーズ [DVD]

スウィンガーズ [DVD]

 

 

 


映画 ブログランキングへ