10年イシウエのブログ~とりあえず今日を生き抜きたいからっ!~

”凡人”10年イシウエがそれでも生き抜くために日々摂取している『心の栄養素』あれこれを書き綴っていきます。

同窓会に行きたくない

2014年もいよいよ押し迫ってきましたね。

 


RY1_8083 / Ryosuke Yagi

 

この季節は忘年会のお誘いが多いかと思います。ご多分に漏れず私にも高校の同級生の集まりの連絡が今年もやってきました。

 

今年は参加を断りました。

 

…行きたい気分になれなかったんですよ。なんか人生上手くいってる人になるべく会いたくない。そんな気分なんです。

 

ちなみに高校を卒業して25年ほど、高校の同級生が盆と年末に集まる会はずっと続いているんですけど、最初から毎回もれなく参加している主要メンバーは3人ほど。私はというと高校卒業後上京し3,4年ほどは地元の人間とは誰とも連絡を取り合ってなかったのでその集まりがあってたことすら知らず。卒業して5,6年後、当時住んでた福岡で同級生にバッタリ会ったことで参加することになったのです。

 

そうゆうわけで私はこの忘年会を兼ねた同窓会にはいつもゲスト感覚で参加してたんですね。『気が向いたら行こうかな』というスタンスで。

で、今年はとにかく気持ちがどうにも内向き・うつむきになってるんで断った、と。

 

ほらあれです、フェイスブックやツイッターで楽しい自慢してる奴見るとアカウント退会したくなるときないですか?

お前の”今が充実してる”アピール、上手くいってないもんからするとウザいだけなのよ、シンドくなるから勘弁して、って。

 


実は意外と多い…Facebookが苦手な人々の『FBが嫌いな理由』 - NAVER まとめ

 

 

ちなみに昨日のエントリー”疲れた職場で生き残るには - 10年イシウエのブログ~とりあえず今日を生き抜きたいからっ!~”で紹介した本には「どのタイミングで社会に出たのか」について

1970年代半ば以降生まれの彼らは、日本が安定期に入ったときに生まれ、『いい学校に入って、いい会社に就職する」のが常識という空気の中で少年・青年期を過ごします。

そして晴れて社会に出る就職活動が、運悪くバブル崩壊とぶつかっています。

成功する人とそうでない人がくっきり分かれてきたのがこの世代の特徴です。

 

 こうゆう風に考察してて、なるほどと頷きましたよ。つまりですね、同窓会に行くとこの”成功してる人とそうでない”の差を否が応でも見せつけられるわけですからして、そうでない側として心が弱ってるときにその現実を突き付けられると地味~にダメージがあるんです、本音を言えば。

 

 

 

…話しは逸れますがこのブログを始めた(元々10年前からブログはやってたんですが、一旦閉鎖してしまったので再開というべきか)のもそうしたままならない生活の鬱々した気持ちのはけ口が欲しかったから、だけだったんです。それがいつの間にかほぼ毎日書く事に意地になってきたりして。

 

でもね、やっぱ私には他のブロガーさんみたいに気が効いてて博識でユーモアがあってトンチ入ってて、なんて才能感じさせる文章なんて書けないですわ。

だって悲しいかな凡人ですもの。

 

そんな風だから最近は人気ブロガーさんが『今月は何万PV達成した!』とかいう記事読んでも腹立ってくる始末。(あ、お気にさわったら申し訳ない、弱小ブロガーの単なる嫉妬なんでスルーしてくださいね)

 

 

…取り留めのない文章でスンマセン、しかしあぁ来年は人の生活を羨んで妬んで鬱々するようなことから解放されたいですよ。マジで。気持ちよく忘年会に参加できるような一年にしたいんだけどなぁ。出来るかなぁ。

 

すべての「イライラ」を根っこから絶ち切る本 (ナガオカ文庫)

すべての「イライラ」を根っこから絶ち切る本 (ナガオカ文庫)

 

 

大人のための「困った感情」のトリセツ

大人のための「困った感情」のトリセツ

 

 

嫉妬―Hayashi Mariko Collection〈4〉 (ポプラ文庫)

嫉妬―Hayashi Mariko Collection〈4〉 (ポプラ文庫)