10年イシウエのブログ~とりあえず今日を生き抜きたいからっ!~

”凡人”10年イシウエがそれでも生き抜くために日々摂取している『心の栄養素』あれこれを書き綴っていきます。

嫁と暮らして初めて知ったこと

私、来年で結婚11年目に突入するのですが、今の嫁が生まれて初めて付き合った女性でして。

…恥ずかしながら30歳を超えるまで女性とお付き合いしたことがなかったのです(汗)

 

当然一緒に暮らす、という体験も初めて(あ、いわゆる男女の仲のあれ、も初めて。実は”魔法使い”だったんです、フフっ…その話はまたいずれ)だったのでいろいろ新鮮だったり、逆にビックリしたりの11年でした。

 

さてその中で、嫁と暮らして初めて知ったことを思いつく限り書いてみようと思います。まぁ取るに足らないことばかりなんですが…しばしお付き合いの程を。

 

〇炊いたご飯を冷凍する。

何をその程度のこと…などと言うなかれ。私、一人暮らしをしていた頃、電子レンジを持ってなかったんですね。必要性を感じなかったんで。しかし嫁と結婚して当たり前のようにレンジを使ってるのを見て『すげぇ便利』と初めて知りまして。(←原始人か)

 

好評の「電子レンジで作る」レシピを集めました。 (ORANGE PAGE BOOKS 創刊25周年記念BESTムック v)

好評の「電子レンジで作る」レシピを集めました。 (ORANGE PAGE BOOKS 創刊25周年記念BESTムック v)

 

 

特に炊いたご飯を小分けにしてラップに包み、冷凍しておくという技!これ一人暮らしのとき知ってたらどんなに楽だったか!と目から鱗でしたよ。

 

あの頃3合炊き用の炊飯器を持ってたんですけど、冷凍して保存する、という発想がなかったんでいつも夜家に帰ってから米を一合分研いで炊飯し、朝までに食べ終える、という今から思うとえらく面倒なことやってましたね。

 

 

〇パスタは結構簡単に作れる

これも大した話じゃないですけどね。いや、パスタって自分で作るのたいへんじゃないか、って勝手に思ってたんです。うちの嫁は結構な頻度でパスタを作るんですが、こんな簡単にできるんだったら一人暮らしのとき作ればよかった、と。

 

男のパスタ道 (日経プレミアシリーズ)

男のパスタ道 (日経プレミアシリーズ)

 

 

 

〇お茶を飲むと落ち着く

嫁はお茶やコーヒー、紅茶が大好きでいろんな種類のお茶っ葉が常備されてるんですが、私はその”お茶を飲む”という習慣が全くなかったのです。

 

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)

 

 

単純に”お茶をいちいち用意するのも面倒”と思ってたから、なんですが。でもお茶を飲むことが生活の一部になってる今思うのは、お茶を作る一連の行為から飲むまでの時間って贅沢だな、と。

 

入れたての熱いお茶をズズっと啜るときって、慌てて飲むわけにもいかないんでどうしてもノンビリせざるを得ないんですよね。それが生活の流れを自然にゆったりしたリズムにしてくれるんだな、と思いましたね。

 

 

〇花を部屋に飾ると落ち着く

嫁の事をやはり女性だな、と思うのはこの花を”部屋に飾るのが好き”なとこですね。

 

私も一人暮らしのとき、植木鉢で花を育ててたときもあったんですが、あっという間に枯らしてしまってました。

 

『あなた、花見ても綺麗とか可愛いとか思わないの?感受性が鈍いね』とよく言われます。確かにそうかもしれんです…

 

感受性応答セヨ

感受性応答セヨ

 

 

〇映画に興味のない人がいる

週に最低1本はレンタルなり映画館で映画を観ている私からすると、嫁のようにあまり映画に興味のない人も世の中にはいるんだ、とちょっとビックリしたもんです。

 

そういや付き合ってるときも結婚した後も二人で映画を観に行った、という記憶があんまりないです。レンタルで借りてきた映画もよっぽど気に入ったものでない限り真剣には観てくれません。ちょっと寂しいかな。

 

愛は死より冷たい―映画嫌いのための映画の本 (映画秘宝コレクション)

愛は死より冷たい―映画嫌いのための映画の本 (映画秘宝コレクション)

 

 

 

 〇ほんのちょっとの変化を気づいてもらいたがる

「ねぇ、私のどこか変わったと思わない?」といきなり嫁に聞かれるとなんだかテストの答え合わせしてる気分になるのです。

 

だいたいが前髪を数センチ切った、とか新しいアクセサリーを買ったとかそんな男にとってみれば、取るに足らないことなんですが。で、気づかないと不機嫌になります。正直面倒くさいです。

 

でも女性ってこうゆうとこありますよね?”私をもっとよく見てて”ってやつですかね?男はそうゆう取るに足らないことにいちいちかまってる暇はないのです…なんていうと反感買いますかね?

 

 

…他にもいろいろあるような気もするけど今のとこ思いついたのはこれだけ。いやぁしかし結婚した、とはいえやはり自分とは異なる性であり他人。そんな人と一緒に暮らす、というのはややこしいこともあるけど、それまで自分が知らなかった様々な気づきももたらしてくれるのです。

だからもし今結婚しようか、とか悩んでる人がいるとしたら一言

「とりあえず人生で一回はやっとけ」

と言いたい。修行の一種だと思え、と。自分と違う価値観を面白がれる、って大切な経験だと思うから、さ。

 

結婚

結婚

 

 


日記・雑談 ブログランキングへ