10年イシウエのブログ~とりあえず今日を生き抜きたいからっ!~

”凡人”10年イシウエがそれでも生き抜くために日々摂取している『心の栄養素』あれこれを書き綴っていきます。

スゲェ面倒でしたけど行きました選挙

選挙、行ってきました。

 

ですが直前まで『メンドーくせぇなぁ』って思ってました。正直。

 

嫁に”今日は一日家にいるから散歩がてら行こうよ選挙”って言われたんで行った、そんだけです。

 

そんな私なんで選挙興味ない、つう人の気持ちよく分かりますよ。だって今回は特にやる前からどこが勝つとかなんとなく予想ついてたじゃないですか。”行っても行かなくてもたいして変わんない”つう気分になりますよ、普通。

 

とはいえ私のなかで『いやいやもう結果は見えてるとしても、だからといって一党(二党かな)が過半数をとってしまって奴らの思い通りにスイスイ法案が可決されるのはまずいだろ』という危機感を自分の中だけでも表明しておきたくて行った、まぁそんな半分意地みたいな気分でしたね。

 

野党の不甲斐無さを嘆いてばかりいても何も始まらない。まずは、眠れる愚民にならぬよう、投票場へ足を運ぶことであろう。

 【総選挙2014】今、書き残しておきたいこと「独裁政権を作ってどうするのだ?」(小林節) |ポリタス 「総選挙」から考える日本の未来より

 

選挙 [DVD]

選挙 [DVD]

 

 

 

しかし選挙のたびに投票率が低いことが話題になりますよね。でもね、これも仕方ない、といえば仕方ないとも思うんです。

 

先日のエントリー”疲れた職場で生き残るには - 10年イシウエのブログ~とりあえず今日を生き抜きたいからっ!~”で取り上げた本に書いてあったんですけど↓

 

 

老人が長生きできる長寿の国。女性が生き生きと働ける国。これはかつての日本人が「そうありたい」と願った社会そのものです。それが実現しました。それが叶った代償として「少子高齢化」が起こったのです。 

 

平均寿命が延びれば老人の多い国になります。女性が仕事に進出すると、専業主婦という生き方が選択されなくなり子供が減ります。

老人が多くなって子供が生まれないと、社会保障(年金・医療費等)と税収のバランスが崩れて国家財政が悪化します。

 

今の日本は幸せな事ではあるんだけど皆が望む”国家”としての夢がある程度達成された状態なんですよ。でもせっかく山の頂上に登ったことで生まれてしまった新たな問題に誰も解決策を見いだせてない、皆が納得する新しい夢の形が未だ見つけられない、と。

 

またそんな”大きな夢が達成された国”での不満というのは各階層、各年代によって種類が違ってどうしても全ての人に届くメッセージというのが描きにくい。それもあって候補者の方は自分の世話になってる、または当選させてくれそうな層に受けそうな不満解消策を前面に押し出して選挙活動しますよね当然。

 

なかには”炭鉱のカナリヤ”よろしく『このままじゃだめだ』と未来の危機を憂う人たちもいるでしょう。しかし大多数の方は現状の”国家”としての夢がある程度達成された今の状態が末永く続くことを望んでる。つまり現状維持ができればいい。

 

現状維持をしてくる政党はどれか、と問われれば自ずと答えはでるし、その政党は自分がわざわざ投票しなくても議席とれそうだし、なら行かなくてもいいか選挙、つう考えになるのかな、と思うわけです。

 

選挙に政治に興味ない、ってある意味まだ日本が現状維持でもまぁいいっか、って思ってる人が多数の(今のとこ)平和な国だから、とも言えるわけです。

 

しかしじゃあ逆にどこまで危険信号が灯ったら政治に興味が出るの?とも思いますけど。つうか現状維持の平和、どころか実はその危険信号はすでに点滅してるんじゃない?と私は思ったんで選挙くらいは行っておかないと、と思った次第なのです。

 

だからもう投票には行かなくていい。落ちるなら徹底して落ちたほうがいい。敗戦にしても原発事故にしても、この国は絶望が足りない。何度も同じことをくりかえしている。だからもっと絶望するために、史上最低の投票率で(それは要するに現状肯定の意思なのだから)、一党独裁を完成させてほしい。その主体は現政権ではない。この国の有権者だ。

【総選挙2014】もう投票しなくていい(森達也) |ポリタス 「総選挙」から考える日本の未来

 ↑かなり強烈な皮肉を込められてますけど。でもこれくらいの危機意識があってもいいんじゃなかろうか、と。