読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年イシウエのブログ~とりあえず今日を生き抜きたいからっ!~

”凡人”10年イシウエがそれでも生き抜くために日々摂取している『心の栄養素』あれこれを書き綴っていきます。

冴えないうどん屋さんがSNSでよみがえったよ、というお話

独り言

家の近所に美味しいうどん屋がありまして。

 

3,4年前に空き家だった家屋を改装して始めたお店。場所は車通りが多い道から少し入ったところで周りは静かな住宅街。

ここの名物は”肉ごぼう天うどん”。うどん汁につけると独特のとろみが出る天ぷら粉を使ったごぼう天が美味しくて、昼ごはん時や夕食で、など最低週一は通っていました。

 

この店、はじめは店主の男性の他、3名ほどの従業員で営業していたのですが、一年くらい前に一旦閉店してしまいました。『美味しかったけどやっぱ集客が難しかったのかな…』などと思ってたんですが、その後リニューアル開店したんですね。

 

多分人件費の問題からでしょう、店員は店主の方とその奥さんと息子さんの3人になってました。しばらくはリニューアル以前と同じくお世辞にもお客さんは多くなったんですが…

 

今年の夏頃、店主の方がこの店のFacebookを立ち上げたんです。ユーモアセンスのある文章と美味しそうなうどんの写真の投稿、それと定期的にランチ時のうどんの値段を値下げするキャンペーンの告知をやり始めました。

 

Facebook Perfect GuideBook 2014年改訂版

Facebook Perfect GuideBook 2014年改訂版

 
小さな会社&お店のためのFacebookページのつくり方と運営がわかる本

小さな会社&お店のためのFacebookページのつくり方と運営がわかる本

 

 

そうこうしてるうちに現在、その店のFacebookページには800以上の”いいね”が押され、それほど広いお店ではないにしろ連日ほぼ満員。この間の日曜に行ったときは”もう麺がない”と断られてしまいました、お昼時だったにもかかわらず。そんなこと初めてだったのでビックリしましたよ。

 

ソーシャル・ネットワーク [DVD]

ソーシャル・ネットワーク [DVD]

 

 

パソコンとネット回線さえあれば0円で宣伝効果が期待できるこうしたSNSって、使いようでこれほどの威力があるのか、

やっぱすげぇな、Facebookの波及力って。

こんな身近で実際に成功例を見聞きしてしまうと尚更感心してしまいましたよ。

 

しかしそんなことが起こったのももちろん作る食べ物の実力もあるけど、やはり店主の人柄がにじみ出た投稿記事によるところが大きいな、と思うんです。

そして”フリーランスで仕事できる人ってコミュニティーを作れる人”って言葉をどこかで読んだんだけど、確かにそうだな、と。

 

周りに自然に人が集まってくる人とそうでない人、輪の中心にいつもいる人と壁の花みたいに輪の周りに立ちすくんでる人。

 

持って生まれた本人の資質だからしょうがない、つう部分もあるけど、自営でなにかをしたいと思った場合、こうした”人を惹きつけるもの・コミュニティーの中心になれる才能”が自分に備わっているのか、は一度真剣に考えなければいけない問題かもしれませんね。

 

フリーランスのための一生仕事に困らない本

フリーランスのための一生仕事に困らない本

 
そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか

そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか

  • 作者: 山口揚平
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2013/01/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 11人 クリック: 99回
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 

 

…でも正直言うと、知る人ぞ知るだったお店が有名になると、なんかさびしい気持ちにもなるんですよね。”私だけが知ってる”というちょっとした優越感がなくなってしまうんで。