読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年イシウエのブログ~とりあえず今日を生き抜きたいからっ!~

”凡人”10年イシウエがそれでも生き抜くために日々摂取している『心の栄養素』あれこれを書き綴っていきます。

混迷時代を迎える我が業界、のお話

毎月このくらいの時期に私の勤めているプ〇パンガス販売店では各家庭のガスメーター検針を行っています。

 

一日約100件前後のお客さんの家々を一軒一軒、検針する機械片手に廻る日々が4日間続きます。齢40を越えた私には一苦労な仕事、一日を終えるとヘナ~と疲れ切ってます。(よって今日のエントリーは短めで終わらせますよ)

 

ところで今、私たちの業界で大きな話題になってるのはこれ、です↓

 

gendai.ismedia.jp

 

早くて来年2016年には都市ガス事業の全面自由化が始まります。都市ガスは特に小売り分野ではほぼ地域独占だったんですが、それが新規参入が出来るようになるわけです。

 

 

 

これによって大きなシェアを占める都市ガス会社がガス価格を今より下げ、またさらなる販売販路を広げるべくプ〇パン使用家庭を攻めてくる…かもしれない、と。そうなると顧客の減少のみならずプ〇パンガス料金の値下げもせざるを得ない状況になる可能性がある。

 

元々現時点でプ◯パン業界はオール電化やプ〇パンガス屋同士で顧客のとったとられた、といった攻勢にさらされてるんですけど、これからはそこに新規の都市ガス業者も加わってくるわけで。

 

先日の会議では社長が「もしかしたら今の利益の最低3分の1がなくなるかも、そうなったらもう会社として経営が成り立たなくなる…」と言ってました。

 

うわ~、お先真っ暗やん(なぜか関西弁)…

 

ちなみにこれを読んだ人のなかには『プ〇パンガスなんて元々高かっただろ、下がるくらいでちょうどいいわ』なんて思うかもしれませんね。確かにまぁ働いてる私ですら『プ〇パンガス高けぇ…』と思ってますけどね。

 

うちの社長曰く「もう他のプ〇パンガス販売店の中には廃業したり早々と諦めてるとこもあるが、うちはその落ち込んだ利益の分を機器の販売やリフォームでの売り上げで補おうと考えてる。だからお前たちに営業力をつけてほしいんだ!」とのこと。

 

しかしもう毎回顔を見りゃ売上伸ばせ!と叱咤されるのが苦痛でしょうがないのよね、マジで。そうそうガス機器なんて売れるもんじゃないしさ。いやぁどの業界も厳しい時代だとは思いますがほんと今が正念場かもしれないな、身の振り方を考えなければなどと思っている私なのです。ふぅ…ドウシヨッカナ…

 

消費者のためにならないガスのシステム改革 全面自由化でガス料金は下がらない WEDGE Infinity(ウェッジ)

(↑この記事では都市ガス料金は高止まりする、と書いてますけども。真相はいかに…)

 

 

 

木材、石炭、シェールガス 文明史が語るエネルギーの未来 (PHP新書)

木材、石炭、シェールガス 文明史が語るエネルギーの未来 (PHP新書)

 

 

 


日記・雑談 ブログランキングへ