10年イシウエのブログ~とりあえず今日を生き抜きたいからっ!~

”凡人”10年イシウエがそれでも生き抜くために日々摂取している『心の栄養素』あれこれを書き綴っていきます。

テレビにおける犯罪表現は許されていいの?

私の8歳になる娘もご多分に漏れずアニメが大好きです。

 

”名探偵コナン”なども眉間にしわ寄せながら真剣な表情で観ております。う~ん可愛い。

 

 

↑この記事よんで至極納得したのです。確かにテレビでは毎日のようにドラマやアニメで人が殺されるシーンが流されてますけども、冷静に考えればこれは由々しき問題じゃないのか?

 

そして反対に近年、テレビにおけるいわゆる性的なシーンには非常に厳しく規制が行われるようになってきている。

 

withnews.jp

 

なぜ殺人などの犯罪シーンには寛容で性的表現には規制がかかるのか?

 

…という疑問をうちの嫁に話したところこんな言葉が返ってきたのですよ。

 

「だってテレビで殺人シーンを観たとしても、実際それを真似しようとする人なんていないでしょ?でも例えば痴漢だったり極端な話レイプとかだと、もしかしてそれに影響される人がいるかもしれないからじゃない?」

 

なるほど…つまり”人を殺める”という行為を実際行うまでには、”テレビで観たから”という理由では収まらない、とても大きな心理的ハードルがあるけど、性的犯罪では十分そのきっかけになり得るのでは?ということか…う~ん、それってどうなんだろうなぁ。

 

例えばテレビドラマで殺害シーンが流れるとき、ふと『随分あっさり死んじゃうな、ほんとうはもっと苦しんでのた打ち回ったりするもんじゃないのか?』って思う時があるんですよ。人の死が実に軽く表現されてる。観ててなんか嫌な気分になる。こんな映像がなんとはなしに流されてる、というのはやはりおかしなことなんじゃないのか?と思うんですよ。

 

ところでついこの間アメリカのテレビドラマ”ブレイキング・バッド”のファイナルシーズンを観終えたんですよ。

 

ブレイキング・バッド THE FINAL SEASON  COMPLETE BOX [DVD]

ブレイキング・バッド THE FINAL SEASON COMPLETE BOX [DVD]

 

 

”平凡な化学の高校教師が癌になったことをきっかけに麻薬精製に手を染める”というショッキングな内容のため、あらゆる殺人シーンが描写されるドラマでもあったわけですが、これってケーブルチャンネルで放送されてたんですね。

 

前回このブログで”身体的特徴を揶揄する笑いは即刻なくなるべきである - 10年イシウエのブログ~とりあえず今日を生き抜きたいからっ!~”というエントリーを書いて、それと繋がる話でもありますが、もう受容器さえあれば誰でもタダで観れるテレビという器の中で犯罪や性的表現、また差別を想起させる刺激的なコンテンツを作るのは、これだけ倫理規定が厳しくなってきている現在において、かなり難しくなってきているんではないでしょうか。

 

 まぁなんでもかんでも規制、って言ってたらもうテレビで放送できるものなんてなにもなくなるよ!つう意見もあるでしょうが。個人的には逆に性表現は大らかで明るい感じならやってもいいんじゃないかな、と思うんですけどね。

 

sirabee.com

 

とはいえやはり今後そういった真に刺激的コンテンツはケーブルチャンネルや衛星などの有料放送で、という流れに日本もなっていくのでは、いやそうせざるを得ないのではないかと思います。とにかく犯罪シーンだけそれほど規制されていない現状には違和感を覚えるのですよ。

 

 

 

※補足

 

”アメリカのケーブルテレビ”

 

国土が広く日本に比べて人口密度が低い米国では、地上波の直接受信だけでテレビジョン放送を国内にあまねく届けるのは困難で、例えば日本の関東エリアのように一本の電波塔からの送信で国家人口の2割近くをサービスエリアとするなどは望むべくもない。また地域ごとの独自性が強く、過度の行政の規制や干渉も少ないため、自前で大規模な送信設備をもてない小規模ローカル局や特定の言語(スペイン語、中国語、タガログ語、日本語など)だけで番組を構成する放送局や、映画、食材・料理、住宅、歴史、科学番組などに特化した全国規模の「放送局」も多数存在し、これらの放送を視聴者に届けるための最終伝播手段として、比較的人口の密集した地域でのケーブルテレビの役割は非常に大きい。

 

2006年の調査によれば、米国の全世帯の58%がケーブルテレビを視聴している。この加入率は、貧困層の多い都市部よりも富裕層の多い郊外で高いが、過疎地域ではケーブルの敷設が少ないので低くなる。

 

Wikipediaより

 

なぜ”ブレイキング・バッド”などに代表されるような映画顔負けのドラマをケーブルテレビが作ることができるのか?結局こうしたアメリカ独特の状況のためケーブルテレビ加入数が多いから、なんですね。日本でもWOWOWやスカパーが頑張ってるみたいですけどね。

 

 

 


テレビ・ラジオ ブログランキングへ