読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年イシウエのブログ~とりあえず今日を生き抜きたいからっ!~

”凡人”10年イシウエがそれでも生き抜くために日々摂取している『心の栄養素』あれこれを書き綴っていきます。

『子供の成長が生きがい』に感じる寂しさ

独り言

先日、知り合いと話している時につい『子供の成長だけが私の今の生きがい』って言っちゃったんです。

 

f:id:e10nen-ishiue:20150504224105j:plain

 

 

言った後に、『えっ!?今、私なに言った?だけ、って?へっ?』って気分になったけど。内心ですけどね。で、その後なんか空しくなりましてね。

 

いや、もちろん一人娘の成長が毎日楽しみなのは心からの本音です、間違いなく。でもそれだけが生きがい、ってやっぱなんか寂しくないすか?もうそれ以外に生きていて楽しいことないんですか?と、思わず自分にツッコミしたりして。

 

脳が「生きがい」を感じるとき

脳が「生きがい」を感じるとき

  • 作者: グレゴリーバーンズ,野中香方子,Gregory Berns
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 19回
  • この商品を含むブログ (17件) を見る
 

 

 

なおかつ”子供の成長が生きがい”ということを暗にアピールすることで、自分の子煩悩ぶりをひけらかす感じが…我ながら姑息だな、と(苦笑)。

 

 実際”我が子を愛してる”って言われると、もう非の打ちどころないじゃないですか?ザッツ正論、常識人。でも自分をそうした枠組みに入れ込むことで自分の人生の手ごたえのなさ、空しさに蓋をして見て見ぬふりをしてる気がするんですよね、我ながら。それってやっぱ寂しいんだよ…(いや、誰でもそうだ、と言ってるわけではないのです、心からそう思ってる人だっているでしょうから)。

 

 

つうか結局自分がそうしたいわゆる”小市民”的幸せに落ち着いた感じになっちゃったのが歯がゆい、ただそれだけなのよ!我が心の”パンク魂”が『お前、それでもいいのかよ!?』と刃を突き付けてくるのよ!

 

…そんな親の気持ちを知ってか知らずか、娘が今日もIpadでやってるキャンディークラッシュのステージがクリアできないからって課金をおねだりしてきた。う~ん、仕方ないなぁ…とアップルIDをポチっ(←甘いね)。でもやっぱこんな平凡な幸せも何物にも代えがたいのよね、ふふっ。

 

 


日記・雑談 ブログランキングへ