読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年イシウエのブログ~とりあえず今日を生き抜きたいからっ!~

”凡人”10年イシウエがそれでも生き抜くために日々摂取している『心の栄養素』あれこれを書き綴っていきます。

ミニマリスト指向は”人生の雑事”を背負い込んでない人の戯言か!?

 ここ最近、ブログ界隈で”ミニマリスト”という言葉をよく見かけます。私的にはここで使われてる”ミニマリスト”の定義は

 

『モノがあふれかえる現代社会で”あえて持たない”という生活を目指す人』

 

だと思ってるんですが、いいんですか?いいですよね?

 

間違ってもミニマル・ミュージックの大家、スティーブ・ライヒやファクトリー・レコードのミニマルなジャケットデザインでおなじみのピーター・サヴィルのことじゃないですよね?

 

ライヒ:ベスト

ライヒ:ベスト

  • アーティスト: スティーヴ・ライヒ,ライヒ,スティーヴ・ライヒ・アンサンブル,スティーヴ・ライヒ&ミュージシャンズ,ラス・ハーデンバーガー,パット・メセニー,クロノス・クァルテット,ボブ・ベッカー,エヴァン・ジポリン,ネクサスのメンバー,ジェイムズ・プレイス
  • 出版社/メーカー: ダブリューイーエー・ジャパン
  • 発売日: 1999/03/25
  • メディア: CD
  • 購入: 4人 クリック: 72回
  • この商品を含むブログ (48件) を見る
 

 

matome.naver.jp

 

 

ミニマリストの考え自体は実に素晴らしい、と思います。あってもなくてもいいようなモノが作られるにあたって消費されるエネルギーや資源、たしかに無駄だと思う時もありますから。

 

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

 

 

 …ところで最近このミニマリスト界隈(?)でちょっとした騒動があったのがとても興味深かったのです。

 

www.daisuiseishocker.com

 (↑こちらの方が詳しくまとめられております)

 

 

この騒ぎのおおもとのエントリーを書かれた女性の方(あえて名指しはしません)に対する非難をざっくり表すと要するに

 

ビックカメラに立ち寄った、とあるミニマリストを自称する女性ブロガーが『マッサージチェアーを買うほどに忙しくて疲れてるなら、必死に仕事しなければならない現状を見直してみたら?』なんて余裕のあること書いてるけど、それは生活に追われてない立場だから言えることじゃないの?おやおや結構なご身分ですこと!

 

 ってことだと思うんだけど(かなり意訳はいってるけど)。

マッサージチェアーを買うほど忙しく疲れてる人を揶揄する=仕事を頑張ってる人を否定した、みたいに捉えた方もいらっしゃるようで。

 

まぁこれに関しては年収300万以下で家族を養ってる私も大まかには同意見です。ミニマリストって気楽でいいっすね~羨ましいわ~、こちとら必死に働かないと生活もままなりませんから。つうか私は疲れてるからってマッサージチェアー買う余裕もないですけどね!

 

…でも思い出せば20代で独身の頃の私も確かに、この”仕事や世間体に振り回される”そして”余計なモノを背負い込む人生”にNO!という考え方でしたよ。冗談じゃない、絶対そうした不本意なことに巻き込まれたくない、って。

 

ただ人間40年もやってると、買い物さえも自分でできなくなった親の面倒をみないといけないだとか、仕事上、多少納得してないことでも、さも自発的にやります!みたいな顔しなきゃいけないとか、子供の手前”分別のある大人”を演じなきゃならないだとか、人生が無駄で不本意で面倒なことだらけになってることに気づきます。

 

だからってわけじゃないけど、他の人から無駄だと思われることでも本人がそれを所有・消費することによって不本意な日常から少しでも遊離できて、満足感を得られるのなら、私はその行為を無下に否定はしたくないんですよね。モノを買う時って必要に迫られて、という場合以外でも、そうした満足感を得たい、ってときもありますからね。

 

たしかにそうした欲望が病的になるのも問題だけど。でも逆にそうした所有欲すらない、または所有欲なんぞいらない、というのはよっぽど生きることによる摩擦も不満もないんじゃ?もっと端的に(かつ辛辣に)言うなら”甘ちゃんか?”とさえ思ったり。(←こんなこと書いたら「不満だらけのアラフォーおっさんが、あんまり悩みなさげに見える20代女子に八つ当たりしてるわ」って思われるんだろうなぁ…まぁその通りなんだけど(笑)

 

 

…というわけで、今回批判を受けた自称ミニマリストの方が例えば結婚したり家族を養う立場になったりと、一人暮らしの頃より否応がなくストレスが大きくなる生活に移行した際も今と同じような気持ちでいるのかどうか、が一番気になりますね。いや、変んなきゃ変わんないでもいいですけどね。でももし考え方が変わったときでも、いちいち前の考えを否定したり、または謝ったり、とかはする必要ないですよ。そのときはそう思ってた!悪いか!でいいんじゃないでしょうか?そんくらいのいい加減なもんですよ人間なんて。

 

 

なぜ僕は「炎上」を恐れないのか 年500万円稼ぐプロブロガーの仕事術 (光文社新書)

なぜ僕は「炎上」を恐れないのか 年500万円稼ぐプロブロガーの仕事術 (光文社新書)

 

 

(↑イケハヤ大先生も”ブロガーなんてその都度、主張がコロコロ変わっても全然いい”って言ってましたよ)