読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年イシウエのブログ~とりあえず今日を生き抜きたいからっ!~

”凡人”10年イシウエがそれでも生き抜くために日々摂取している『心の栄養素』あれこれを書き綴っていきます。

とにかく可愛い女子ヴォーカリストがいるエレクトロポップ・アーティストを集めてみたよ~洋楽編~

世界中の”可愛い女子ヴォーカリスト”大好きな皆さ~ん!9月にいよいよあの”Chvrches(チャーチズ)”の新譜が出ますよ~。

 

 

Every Open Eye

Every Open Eye

 

 

Bones of What You Believe

Bones of What You Believe

 

 (↑こちらは彼らのファーストアルバム。名盤!)

 

ちょっと懐かしい感じがするエレクトロ・シンセ・ポップのキラキラ感、なおかつこのチャーチズには”ローレン・メイベリー”という可憐すぎるヴォーカリストを擁してますからね、

 

好きになりますよ、そりゃ。だって男の子だもん。

 


CHVRCHES - Lies (Live) - YouTube

 

 

えっと、さて、そんなわけで今回のエントリーは、”可愛いすぎる女子ヴォーカリスト”がいる”打ち込み系エレクトロ・ポップ・ユニット”(&比較的最近デビュー)という、かなり狭い範囲に絞った括りであれこれ探してみましたよ!結構たいへんだったよ!

 

 

 〇Kero Kero Bonito(ケロケロボニト)

Intro Bonito [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (MGNF1013)

Intro Bonito [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (MGNF1013)

 

 


Kero Kero Bonito - Flamingo (Live at SXSW 2015 ...

 

なに?この可愛い生き物!(笑)

なんでも南ロンドンを拠点に活動してる彼ら、ヴォーカルのサラ嬢は日英のハーフ、だそう。どうりで日本語もお上手!スッカスカのバック・トラックもよい!

 

 

〇Little Boots(リトル・ブーツ)

 

Working Girl

Working Girl

 

 


Little Boots - Remedy (LIVE) - YouTube

 

日本のアーティストが開発した電子楽器”TENORI-ON”を使ったライブで注目を集めた、リトル・ブーツこと、ヴィクトリア・ヘスケス。よく見ると、ちょっと近寄りがたいくらいの美女。曲調はどことなく5.60年代風のポップス、なとこもいいね!

 

 

 

 

〇Computer Magic(コンピューター・マジック)

 

フォネティックス

フォネティックス

 

 


Computer Magic - Mindstate - YouTube

 

”コンピューター・マジック”はダニエル・ジョンソン嬢のソロ・ユニット。簡素な宅録風味を残したサウンドがいい味出してる。このままで活動続けてほしいな。

 

 

〇Grimes(グライムス)

 

Visions

Visions

 

 


Grimes - Oblivion (Live at Grimey's) - YouTube

 

名門インディーレーベル”4AD”が発掘した、カナダ出身のクレア・バウチャーのソロ・ユニット”グライムス”を観たときは衝撃だったなぁ。見た目は完璧パンク少女、なのにやってる音楽はドリーミーなシンセ・ポップ。とにかく魅せるライブをする人でもあります。

 

アート・エンジェルズ

アート・エンジェルズ

 

 ↑2015年発表された最新作。相変わらずバッドテイストなジャケがよい。

 

 

 

〇Sky Ferreira(スカイ・フェレイラ)

 

Night Time My Time

Night Time My Time

 

 


Sky Ferreira - Everything Is Embarrassing (Official ...

 

可愛い、というより妖艶ですか…なんかヤバイ匂いのするジャケットですが。マドンナあたりの80年代エレ・ポップをまんまやってる感じもありつつ、この病的な雰囲気には惹かれるね。

 


Primal Scream, Sky Ferreira - Where The Light Gets In

 

↑プライマル・スクリーム、2016年の新曲で共演してますね。いつもコロコロ曲調が変わるプライマルですが、今回の変わりようといったらw

 

 

 

〇Rolo Tomassi(ロロ・トマシ)

 

Grievances

Grievances

 

 


Rolo Tomassi - I Love Turbulence (OFFICIAL VIDEO ...

 

このバンド、打ち込みでもないし、どっちかというとゴリゴリのハードコアなんだけど、この手のバンドにしては珍しくシンセが入ってるし、なによりヴォーカルの娘が超キュートなんで無理やり入れてみました。こんな顔して強烈に狂ったスクリーミングかましまくる姿がイカしてるぜ!

 

 

 

〇Die Antwoord(ダイ・アントワード)

 

 

Mount Ninji And Da Nice Time Kid [帯解説・歌詞対訳・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] 先着特典マグネット付き (BRC527)

Mount Ninji And Da Nice Time Kid [帯解説・歌詞対訳・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] 先着特典マグネット付き (BRC527)

 

 

 

南アフリカが生んだ異色すぎるユニット。 ブリブリのエレクトロダンスチューンと『ヴォーカルの癖が強すぎる(笑)』フロントの男女の掛け合いが気持ちいんだが悪いんだか。映画”チャッピー”の出演でカルト的人気からいよいよ世界的なスターになっちゃいました。小柄で引き締まった体型・個性的すぎるヨーランディちゃんを可愛いと思えるかどうか、であなたの感性が試されてる!?

 

 

 

〇Purity Ring(ピュリティ・リング)

 

Another Eternity

Another Eternity

 

 


Purity Ring - Bodyache (On Conan O'brien Live ...

 

なんか不思議な楽器?使ってますねぇ。この二人組ユニットも4AD所属。さすがいい趣味してる。ヒップホップやダブステップを通過したケイト・ブッシュ?ヴォーカルの女の子の白人にしては背が低いのがまた可愛い!

 

 

 

〇Yelle(イエール)

 

Completement Fou

Completement Fou

 

 


Yelle - Je Veux Te Voir (Live) - YouTube

 

可愛い、というより”知的なお姉さま”といった雰囲気ですが。フランス語の舌ったらずな感じとエレクトロサウンドが合いますね。

 

 

 

 

〇Electric Youth(エレクトリック・ユース)

 

Innerworld

Innerworld

 

 


Electric Youth - "A Real Hero" (SC Live Session Pt ...

 

映画”ドライブ”の挿入歌として知る人ぞ知る名曲"リアル・ヒーロー”を唄っているユニットです。ひんやりしたミニマルなシンセリフがたまらない。映画もよかったね。

 

ドライヴ [Blu-ray]

ドライヴ [Blu-ray]

 

 

※第二弾の邦楽編もあわせてどうぞ!

10nen-ishiue.hatenablog.com