読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年イシウエのブログ~とりあえず今日を生き抜きたいからっ!~

”凡人”10年イシウエがそれでも生き抜くために日々摂取している『心の栄養素』あれこれを書き綴っていきます。

【凡人の戦い方】キワモノでデビューした壇密はなぜ生き残ったのか?

凡人の戦い方 独り言

この女は突然我々の前に現れた。

 

健康的な若い女子がその魅惑的な肢体をこれでもか、と見せつける”グラビア”という戦場に28歳という、かなり遅咲きでのデビューを飾った『あの女』。たしかにハッとする美女…ではある。しかし失礼を承知で言うなら例えば『数十年に一人』と形容されるほどか?と問われると疑問だし、なによりスタイルもお胸のカップの大きさを競い合ってるようなグラビアの世界では珍しく控えめな純日本人体型。

 

しかし彼女が発散する、なんともしれん陰のある幸薄そうな雰囲気は、1.20代の小娘には到底表現できない、まさに”愛人”を思わせ、世の(特に中年以降の)男性を虜にしたのだった。

 

ただ彼女の場合、そうした淫靡なものを感じさせつつもバライティーでは抜群の頭の回転の良さと独特のユーモアを持った機転の利く女性であったのが実に意外だった。そんな彼女の個性は一時期テレビでも盛んに重宝されていたっけ。

 

そう、彼女の名は”壇蜜”。通称”DM”。

 

私の奴隷になりなさい 壇蜜写真集 濃蜜

私の奴隷になりなさい 壇蜜写真集 濃蜜

  • 作者: 壇蜜,橋本雅司
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/10/26
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 125回
  • この商品を含むブログ (8件) を見る
 

 

ここ最近、彼女の姿をテレビで観なくなったなぁ…と思ってたんだが、どっこいとんでもない所で抜擢されていた。

 

 

news.livedoor.com

 


リクルート隊長 壇蜜入隊してみた!(陸上自衛隊篇) - YouTube

 

 

正直『なぜよりによって壇蜜なんだろう?』と思わんでもないが、ぜったいこんな女性が入隊することはねぇよ!いやでももしかして…という意外性を狙ったのなら、これほど適任な人もいないかも、という妙な説得力がある。

 

ところで、アウトドアで活発にはしゃぎ回ってる姿より、自宅で独りジグゾーパズルかなんかやってるのがよく似合う…そんな壇蜜は凡庸な芸能人がえてしてやりがちな『私、実はこんな人なんですぅ~』といった”イメージと実際の自分”の違いをひけらかす、という愚行を決して冒さない。”愛人・ぼっち・不幸そう”というネガティブな自身のイメージを頑なに守り続ける。でもそこに無理してる感はない。片意地張らずに飄々と自分に与えられた役割を演じてる、そんな感じ。

 

やれ『男に媚びてる』などと見下されがちなグラビア出身の子たちが世間に認知される”普通の”芸能人にシフトすることは意外に難しい。そんな中、かなりきわどいグラビアも厭わずやっていた壇蜜は決して万人受けしそうなキャラでもなかったはず。なのに、こうして地道に生き残ってることがとても不思議で興味深い。

 

でもこの入隊映像を観てると、壇蜜ちゃんの素の真面目さというか素直さが垣間見えるんだよね。グラビアアイドルとしては年齢的にもビジュアル的にも決して”ダントツに”恵まれてたわけでもない彼女が人びとの注目を惹きつけてやまないのは『イメージはスレてる→実は実直』というギャップが魅力的だから、なのかもしれないね。

 

 

壇蜜日記

壇蜜日記