読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年イシウエのブログ~とりあえず今日を生き抜きたいからっ!~

”凡人”10年イシウエがそれでも生き抜くために日々摂取している『心の栄養素』あれこれを書き綴っていきます。

好きすぎてラップの歌詞を憶えてしまったライムスターの曲

今週のお題「私のテーマソング」

 

 

1989年結成、日本のヒップホップの先駆的存在のユニット・ライムスターのことは実は、わりとつい最近まであまりよく知らなかった。

 

そもそも日本のヒップホップシーン自体、そこまで詳しくない私。そんな私が彼らのことに注目しだしたのは、メンバーの宇多丸氏がMCを務めるラジオ番組をよく聴くようになったから。

 

www.tbsradio.jp

 

 

 いまや”全映画ファン必聴”ともいえる宇多丸氏渾身の映画批評プログラム『ムービーウォッチメン』は言わずもがな、サブカル全般の豊富な知識を下地にした、宇多丸氏のいい意味で”理屈っぽい熱さ”全開の特集の数々がいちいち興味深い。

 

さて、ここ数年彼らライムスターのアルバムを少しづつ辿っていってるのだけど、特によく聴くのが↓この二枚。

 

マニフェスト

マニフェスト

 
POP LIFE(初回生産限定盤)(DVD付)

POP LIFE(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

(今年出た新譜はまだ聴いてないのよ↓)

 

Bitter,Sweet&Beautiful(初回限定盤B)(DVD付)

Bitter,Sweet&Beautiful(初回限定盤B)(DVD付)

 

 

 

今週のお題が”私のテーマソング”ということなので、あんまり好きすぎて(オッサンなんで物覚えが悪くなってるにもかかわらず)ラップをすべて暗記してしまった(!)ライムスターの曲を二つ紹介しようと思う。

 

 


RHYMESTER - K.U.F.U - YouTube

 

”もってる奴にもって無い奴がたまには勝つ唯一の秘訣

それが『K.U.F.U』…工夫! 

 

くぅ~たまらん!持って生まれた才能やあれこれで、出鼻からかなわない奴はいる、残念だけど。だけど凡人である我々がそうゆう”もってる”やつらに勝てるのは、たゆまぬ創意工夫しかないだろ?という至極真っ当なメッセージ。20年以上に渡り、目立ったヒット曲がなかった(失礼)にもかかわらず、こうしてしぶとくメジャーシーンの第一線で活躍するライムスターだからこそ唄える曲。

 

 


RHYMESTER / 余計なお世話だバカヤロウ - YouTube

 

有難いそのご意見は君がくれた宝物

ありがとう でも実際は余計なお世話だバカヤロウ

人の話は素直に聞くもんだ じわじわとあとから効くもんだ

だけど八割がたはマジで余計なお世話だろ バカヤロウ 

 

私、上司から説教されてるときは、この曲を脳内再生させてやり過ごしてます(笑)

ユーモアたっぷりに『余計なお世話な』人たちをぶった切ってゆく痛快な曲。しかしその中にしっかり自己批評も加味しているのがライムスターらしさ。

 

ほんとに彼らの曲には40歳を超えてしっくりくる、なんというか生きることの旨味と苦みを感じさせるコクのある言葉がつまってるんですよね。聴いててほんとに飽きないし、嫌みのない知性がある。もしヒップホップに先入観があって聴かず嫌いだとしたら実にもったいないよ!