10年イシウエのブログ~とりあえず今日を生き抜きたいからっ!~

”凡人”10年イシウエがそれでも生き抜くために日々摂取している『心の栄養素』あれこれを書き綴っていきます。

高齢童貞を好きになった方から質問を頂いたので私なりに答えてみた

ここ半月ほど仕事が忙しく、ブログの更新を怠っていたのですが、先日以前書いたエントリーのコメントにこのような質問、というか相談を頂き、久しぶりにブログ書いてみようか、という気分になったのです。

 

 31歳、恋愛経験なし・童貞の男性を好きになってしまいました。

一度デートをし、好きだという気持ちは伝わってるのだが、その後

連絡なし…

童貞だからなのか、自分に興味がないのかわからない。

これからどうしたらいいのか?

 

 

10nen-ishiue.hatenablog.com

 

いやぁ~、まずはこの質問をくれた方に言いたい。30歳超えの、こう言っては失礼ですが多分男としての魅力が若干乏しいと思われる、高齢童貞を好きになってくれてほんとにありがとう、と!(笑)

別にその男性の知り合いでもなんでもないけど、なんか我が事のように嬉しいよ、私は…しかし、童貞って自分がそれだってことを絶対言いたがらないもんだと思うのですが。もしかして彼の知り合いから聞いたんですかね?文面では分かりかねますが。

 

 

童貞が!

童貞が!

 

 

 

ところで、かつて高齢童貞だった私としては一体何を語ればいいのでしょうか?とりあえず私自身がその童貞をどうやって卒業したのか?そしてどうやって人並みの恋愛なるものにこぎ着けたのか?を書いてみましょうかね。それが参考になるかどうかは分かりませんが。

 

缶バッチ 童貞

缶バッチ 童貞

 

 

 

今の嫁とは、20代の後半頃から顔見知りでした。地元のアマバンのライブによく行ってた私と、その頃バンドをやってた嫁。数年ほどはその界隈の集まりでたまに話す程度の仲でした。

 

あるとき、嫁のバンドのベーシストが一時的に離脱することになり、代役が必要になったので、たまたまベースを持ってた自分に声がかかったのです。

 

その頃、嫁は私の知り合いと別れた直後…だったと思う。ある日突然、彼女の方から『今度一緒に遊びに行きませんか?』的なアプローチをされたように記憶している。

 

嫁は三人兄妹の末っ子で自己主張が激しく、思ったことは即行動に移さなければ気が済まない性質の持ち主。実は私の顔見知り関係で彼女の元彼を何人か知っていて、なかにはほんの半年で別れた、なんて噂も聞いていたので、内心『なんでこの娘、突然私に興味持ったんだろう?今まで友だちですらなかったのに。つうかもしこの娘と付き合っても長く続かないんじゃ?』って思ってました、本気で。

 

正直言えば、その頃は所謂こじらせ童貞マインドで頭ガチガチでしたから、できれば最初に付き合う女性は元彼の影を感じさせない人、つうかできれば処女の方がいいなぁ、なんて願望はありましたよ。しかし『いや、このままこの娘のアプローチを断ったりでもしたら、当分恋愛するチャンスも、ましてや童貞卒業すらできないかもしれない…』という切迫した想いもあったのです。

 

 付き合ってほしい、と告白したのも嫁の方から、でした。多分、彼女のように積極的に自分から言ってくれる女性でなければ交際も始まらなかっただろうと思います。それくらい私は『こんな私を好きになってくれる人なんているわけない』と自信を失ってました。だって30歳にして頭髪はほぼ禿げあがり、未来の見えない低収入フリーター、なおかつ実家暮らしで寝たきりの父がいましたから。女性が選ぶ結婚相手として自分はかなりのハンディーがある、と思い込んでいたのです。

 

ですんで、嫁には申し訳ないのですが、いざ付き合い始めたはいいものの心の中では『ほんとにこの人、好きなんだろうか私…』って気持ちでしたね。いわば見切り発車したようなものです。もっとぶっちゃければ、もしこの娘にこの先嫌われて別れたとしても、それほど傷つかないかもしれない、だって元々それほど好きで付き合ったわけでもないし、って思ってました…ってこうして書いてみると私、最低だな(苦笑)。

 

さて話は戻りますが、件の質問を頂いた方のコメントには”私が、相手を気に入ってるのは伝わってるのですが”と書いてありますが、実際どうでしょ?恋愛の駆け引きに疎い高齢童貞には、「言わなくても分かるでしょ」みたいなニュアンスってあんまり伝わってないかもしれない、くらいに考えたほうがいいかもしれませんよ?男としての自信を失ってて、なおかつ長い間に歪みきった自意識でがんじがらめになってるであろう彼にはもっと大胆に、はっきり告白なりアプローチなりをどしどし仕掛けてみないと、疑心暗鬼になってる彼の頑なな心の壁はそうそう簡単には壊れないかもしれません、なんて思うのです。

 

生まれてこのかた親以外の愛情を知らないまま中年になってしまった男は、いわば人生の迷子状態。日々心にやるせない、孤独な想いを抱えて生きている…はず。コメントをくれた女性はそんなやさぐれた男に光を与える、まさに女神ですよ。だから、もしよければ勇気を出して、もっと積極的に行動して、その迷子オジサンのハートをこじ開けてほしい!そう、全てはあなたの情熱にかかってる!と思うのです。で、もしかしてほんとに単にあなたに興味なかっただけなら『けっ!ドーテーがいっちょ前に女、選り好みしてんじゃねぇよ!』と思い切り切り捨ててやればいいだけのことです。うん、そうだそうだ。

 

…って、これで答えになってますかね?

 

 

愛の告白タイムですハートを打ち上げて(変り種花火)

愛の告白タイムですハートを打ち上げて(変り種花火)